2010年

 

1/1


三重県長島町浦安「長島スパーランド」内のアウトレット・モール 「ジャズドリーム 長島」にて、

「HAPPY NEW YEAR SPECIAL LIVE 2010」を行う。


今年も元日から「タイショ」こと尾関雅彦が東京から参加。

 

謹賀新年 2010 りばすとファンのみなさま、あけましておめでとうございます。
「リバーサイド・ストンパーズ」は今年も昨年以上に頑張ります。本年も一層のご支援をよろしくお願い致します。

 

・・・というわけで、今年も2010年1月1日元日「大雪」の日に、 我々「りばすと」は「ジャズドリーム長島」にて、

新春吉例の 「HAPPY NEW YEAR LIVE 2010」を決行して参りました。
今年は何と言っても大雪の日でしたので、氷点下ではないのかと思われる気温 でのステージでしたが、

最後まで寒い中見守って下さったお客様には本当に 感謝です。わざわざ問い合わせて我々のライブに駆け付けて下さった方も数名

いらっしゃって感激でした。厚く御礼申し上げます。


なお、我々はその後「りばすと美濃加茂保養所」へと大移動し、元日夜の恒例 である、「家元」主催の「大新年会」で盛り上がりました
(特にbjの親方はノリノリでしたが、そのあと知恵熱がでたらしいです)。
当日の演奏曲目は以下のとおりです。

 

1 パレード~リパブリック讃歌&ユーアー・マイ・サンシャイン
2 バーボン・ストリート・パレード
3 コングラテュレイション
4 一月一日
5 L-O-V-E
6 明るい表通りで
7 セントルイス・ブルース
8 サムバディ・ストール・マイ・ギャル(吉本新喜劇のテーマ)
9 聖者の行進~BBQ

 

★DIXIELAND JAZZ BAND「RIVERSIDE STOMPERS 2010」


MEMBERS
海保安津雄(tp)、小倉 愈(cl)、尾関雅彦(tb)、 中村純子(pf)、佐々木康亘(bj)、加藤剛史(bs)、奥谷孝(ds)、

中島正喜(mc, tambourine,produce)


SUPPORT MEMBERS
山田洋一(tb)、ドナルド・ギブソン(tb & sound director)

 

・・・実は大変残念ながら、トロンボーンの山田洋一氏が東京本社に栄転される こととなり、今年の3月を以て「りばすと」を勇退されることになりました。
もともと大阪の老舗ニューオリンズ・バンド「ニューオリンズ・レッドビーンズ」 の正式メンバーである山田洋一さんには、5年前に札幌から

名古屋に赴任され、 ちょうど名古屋での演奏の機会を求めておられた折に、無理を言って我々 「りばすと」に参加をして頂きました。

「りばすと」はニューオリンズ・スタイルではなく、ディキシー・スタイルでの 演奏なので、いろいろとご苦労をお掛けしましたが、

その卓越したプレイは スタイルの違いを感じさせず、また温厚なお人柄と、「○○パ○マン」のような その大変福々しい笑顔には、

我々メンバー全員がいつも魅了され、癒されていました。
そして、山田洋一氏の存在なくしては昨年の「オジサンバンドコンテバル」での グランプリの受賞は決してありえませんでした。

さらなるご活躍をお祈り致します。 有難うございました。

 

ということで、またもや新トロンボーン探しに奔走!!!

 

3/28


愛知県立SN高等学校吹奏楽部「第1回定期演奏会」ゲスト出演。

 

以下トロンボーンのタイショのブログより転載

3月28日(日)
SN高等学校吹奏楽部「第1回定期演奏会」にゲスト出演。
前日のリハーサルから彼女らの演奏を聞かせてもらいましたが、今年赴任して来られた顧問の先生の努力もあって、以前と見違えるくらい

レベルアップした、とのことで、その顧問の先生の情熱はもとより、生徒さんの真剣な練習態度にも 心を打たれた2日間でした。

みなさんの真剣な態度を目の当たりにしていると、私が昨日(3/27)になって急に演奏する ことになったBIGBANDメドレーの中の

「センチになって」の、私と生徒さんの4小節交換 のソロも、いい加減な気持ちで演奏するわけには行かず、5時からの通しリハーサルの前に、

ドラムの頭領に付き合ってもらってリハ室で何十回と猛練習。
本番では上手に出来た、とは言いがたいものの、何とか及第点の演奏は出来たようで ほっとしたのでした。
プレッシャーがかかると言う点では、4小節交換ソロの相手の生徒さんも同じ。大きなプレッシャーの中、歌心一杯の素晴らしい演奏を

聴かせてくれました。
極端に高い音は出てこないものの、本番でしっかりと当てるには難しい音域のソロを 自然に歌い上げた彼女。
ビッグバンドメドレー前半のそのソロから数分後、横で吹いていて、彼女が曲の中に 完全に入り込んでいるのが手に取るようにわかりました。
とても大人しそうなお嬢さんで淡々と演奏するタイプに見えたのが、今、この場で 演奏できる喜びを体全体で表現している。
難しいバラードソロを思うように演奏出来た達成感もあったのでしょう。その様子を見ておじさんはついつい目頭が熱くなってしまった

のでした。
ところで当日、高校の先輩で現S中学の吹奏楽部顧問であるH賀先輩が会場に来られて いました。
なんと今日(3/29)、S中学とSN高校が同じ会場でジョイントコンサートを 開く(開いた?)のだとか。
リハーサルにも手抜きが一切ない過密スケジュールの中、定演の後に本番を敢行し、 生徒さんも前向きに取り組んでいる姿に二度驚いた私。
私が願うまでもなく、定期演奏会を続けていけるだけの情熱と伝統の力を既に生徒さん達は 持ち合わせているようです。

前日のリハーサルの最後でしたか、先生がこの一年をしみじみと振り返り、「明日は悔いのない 演奏をしよう!」と語りかけた後、

(アナログの)メトロノームを鳴らして指揮台から降り、 マーチ(『K点を越えて』)が静かに始まりました。
強豪校にとってはごく当たり前の風景なのかもしれませんが、ピアニシモで鳴っている メトロノームにぴったりとテンポを合わせて演奏が

続きました。まるでメトロノームも演奏の一部になったかのような感動的な演奏でした。
SN高校のみなさんの気持ちを乗せてメトロノームに向かって進む音の道が、はっきりと 見えたような気がしたのでした。

 

4/11


岐阜県多治見修道院にて
名古屋MGカークラブ・スプリング・ミーティング2010」でゲスト演奏。

 

今年も「名古屋MGカークラブ」のスプリング・ミーティングにゲスト出演 して来ました。
場所は岐阜県多治見市の多治見修道院。
歴代のMGオープンカーがズラリと並ぶ修道院の屋外スペースでは、桜の舞い散る中、

特製のカレーが振る舞われて、ヴィンテイジ・カーと 桜を眺めての乾杯は最高でした。
今年のライブは天候のこともあって、修道院内の食堂ホールで行われましたが、

中山会長はじめ、多くのMGオーナーが我々の演奏にも大絶賛をして下さいました。
お開きまで雨も何とか降らずに青空も覗き、演奏の後のカレーとナンとビールは またまた格別でした。
この日、このビールのためにまたもや懲りずに東京から駆け付けたトロンボーンの 「タイショ」も大変満足の様子でした。

 

この日の演奏曲目・・・

 

1  overture~You Are My Sunshine
2  opening theme~Bourbon Street Parade
3  大きな古時計
4  私の青空
5  Rose Room
6  線路は続くよどこまでも
7  セ・シ・ボン
8  A列車で行こう
9  Burgundy Street Blues
10 聖者の行進

 

そしてこの日、以前「A TEAM BIGBAND」のメンバーとしても活躍した ことのある徳田高司(tb)が観客の一人として

ライブに参加。
とにかくトロンボーン奏者がほしい我々は、その後、強引に彼に参加を説得。
ただし、BIGBAND畑育ちなので、DIXIE・tbは負担が多いかも・・・。


とはいえ、その後は「徳田高司」をtbに迎え、
主に「Tin Roof Blues」、「At The JazzBand Ball」を練習する日が続きました。

 

7/25


「オジサンバンド コンテバル 2010 グランプリ大会」ゲスト出演


名古屋市公会堂において、昨年のグランプリ覇者として、ゲスト演奏。
新トロンボーン 徳田高司とわざわざなぜか東京からやって来た、旧トロンボーン 尾関雅彦を「2tb」として据え、
グランプリ受賞曲 「BOURBON STREET PARADE」をはじめ、「You Are My Sunshine」、 「聖者の行進」等のナンバーを披露。
この様子はケーブルTV「starcat」でも放映された。

 

9/9

 

来たる10/24に長久手町の「愛・地球博記念公園『モリコロ・パーク』」で 行われる、
「COP10(生物多様性条約締約国会議)~地球のいのち・交流ステーション~ 未来につなげよう! 愛・地球~」
というステージ・イベントで、なんと名古屋芸術大学の現役女子大生の弦楽五重奏団とコラボ演奏をしてくれというオファーが舞い込み、
その打ち合わせ &セッションのため、女子大生弦楽五重奏団と「聖者の行進」を合奏練習。

 

10/3


昨年に引き続き、蒲郡港竹島埠頭において、
みなとオアシス蒲郡「シーサイド・ジャズ・フェスティバル 2010」に出演


我々の出番は18時過ぎで、昨年同様雲行きが怪しくなり、ついに雨が降り出す。それでもなんとか頑張って演奏決行しました!

 

10/9
名古屋市郊外にある「名古屋産業大学」の大学祭に、フルメンバーではなく、
リバストからのピックアップDUOユニット「たまぷっちょ」(tp,pf,mc) の3人でで出演。

 

10/24 10:00~


愛・地球博記念公園『モリコロパーク』にて
「COP10~地球のいのち・交流ステーション
  ~未来につなげよう! 愛・地球~」
というステージイベントの中のミュージカル「葉っぱのいのち」に、 O市代表バンドとして出演。


ミュージカル「葉っぱのいのち」は、O市主催の出し物として、一枚の葉っぱを通して、
「生物の多様性と日本の四季の折々」を大きなヴィジョンでプレゼンしながら、それを子どもたちのジャズダンスや弦楽奏やジャズで

効果的に 盛り上げる・・・というもの(らしい)。


我々は夏の場面で登場。明るく「You Are My Sunshine」、「私の青空」、 「聖者の行進」を演奏。


途中、弦楽五重奏団のBGMもあり、最後は子どもたちが ステージ前で曲に合わせてジャズダンスを披露し、
弦楽五重奏ともコラボして 全員で明るく聖者の行進を演奏して盛り上がる。
さながら「オリンピック」の 開会式か「24時間テレビ」のグランド・フィナーレのような様相になった。
結構このステージの評判はよかったようで、また、我々も地域の活性化に貢献した らしく、
この後、りばすとはO市から立派な感謝状まで頂いた。
なお、この模様は「YouTube」で配信されています

www.youtube.com/watch?v=7uURb0MH1v0

 

11/6


「岡崎ジャズストリート2010」に出演。


新トロンボーン 徳田高司と、今年もわざわざなぜか東京からやって来た、 旧トロンボーン 尾関雅彦の「2tb」を従えて参戦。
パレードと「岡崎信用金庫中央支店」のステージで演奏。


この日のりばすとのパレードの模様は、中日新聞・毎日新聞・読売新聞の各紙で、「岡崎ジャズストリート2010」でカラー写真入りで

掲載されました。

 

「ジャズメンがトランペットやトロンボーンを陽気に吹き鳴らし、 市図書館交流プラザ(りぶら)周辺をパレードした」
(中日新聞・カラー写真付き)

 

「カンカン帽に赤いシャツ姿のデキシーバンドが 軽快なリズムで演奏し、開幕に花を添えた」
(毎日新聞・写真付き)

 

「トランペットやトロンボーンなどの楽器を手にした約20人のジャズメンが、市図書館交流プラザ(通称・りぶら)からジャズの名曲を

演奏しながらパレードし、沿道では、リズムに合わせて手拍子をとったりする人も多く、 一気にムードが盛り上がった」(読売新聞)

 

11/21


ばんますの地元の自治会からのオファーで、公民館での「ふれあい交流会」 でゲスト演奏。


ご近所の方々の前で、「ドラえもん」、「鈴懸の径」、「セントルイス・ブルース」 等を披露。ご町内から絶賛を頂く。

 

12/12


蟹江町源才コミュニティセンターにて2年ぶりに、
「蟹江国際交流友の会X’masパーティ」に出演。


今年も、一昨年同様、ジャズバンドなのに「X’masソング」や「サンバ」を 演奏して盛り上がる。
この日は奇しくも「ばんます」の誕生日。
終了後、隣りの「ピッツェリア マリノ」蟹江店にて、「ばんます生誕記念式典」 でさらに盛り上がった。


かくして2010年のハデな活動も無事終了。
来年も一層騒ぎまくります!!

 

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • YouTube Social  Icon

 

Dixieland Jazz Band

RIVERSIDE STOMPERS

A Spirit Of Traditional Jazz & A Wildly Good Time
Since 1998
Tel:   090-1294-8272

​Mail: riversidestompers@gmail.com​​

 

TM

2013  ©  RIVERSIDE STOMPERS All Rights Reserved   by Wix.com

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now